進化する医療|肥満やタバコの吸い過ぎも治療で治すことができる

女の人

子供の病気の治療

女性

子供の病気の治療の今後

日本は少子化が進んでいるため、小児科を受診する子供の数は減少傾向が見られる。政府は少子高齢化の対策を行っているが、今後も少子化の傾向は続くと予測されている。伊丹市も少子化の影響で小児科を受診する子供は減っているが、小児科の医療水準は以前よりも大きく向上している。乳児の死亡率も大きく減少しており、今後も小児科の医療水準はますます向上すると予想される。伊丹市の小児科の病院は、患者本位の治療を行っている。治療を行う際は、医師は子供の親に病状をわかりやすく説明し、どのような方法で治療をするかの説明も入念に行っている。処方する薬の説明もしっかりと行われており、医療事故を防ぐことに大きく貢献している。今後も伊丹市の小児科へ寄せる信頼は、ますます高まると考えられる。

子供の病気の治療の豆知識

伊丹市の小児科の病院では、0歳から15歳までの子供の病気の治療を行っている。子供の病気に特化した治療が受けられるため、伊丹市に在住している子供たちは、伊丹市の小児科の病院で診察を受けている。子供は大人よりも病気に対する抵抗力が弱いため、インフルエンザなどの感染症にかかりやすい。ノロウイルスによる腸炎も子供の方がかかりやすく、伊丹市の小児科では、子供に多い感染症やウイルス疾患の治療を得意としている。伊丹市の小児科の病院は、ホームドクターとしての役割を果たしている。子供の体の具合いが悪い時には、ホームドクターに気軽に相談することができる。大きな病院で診察を受けた方が良いと判断した時には、ホームドクターは高度医療が受けられる病院を紹介してくれる。